• HOME
  • ブラックリストを恐れず正しい対処を

ブラックリストを恐れず正しい対処を

信用情報とは

1.JPGのサムネール画像
信用情報とは、個人の年収等の個人情報やクレジット・キャッシングなどの支払情報が一体となった情報のことです。信用情報は、信用情報機関と呼ばれる機関のデータベースに集約されており、消費者からローンやクレジットカードの申し込みがあったときに、金融機関がその情報をもとにその消費者の経済的信用性を審査しています。
 

信用情報機関

信用情報機関は、次の3つの機関で、相互にネットワークを通じて情報交換を行っています。
 

事故情報が登録されるとき

事故情報が登録されるのは、債務整理や破産申立や民事再生申立の事実発生日からです。過払い金返還請求の場合、過払い金返還請求だけでは事故情報とはならないものの、任意整理などとともに行うと、事故情報になります。
 
事故情報が登録されると、新たな借入はできず、クレジットカードの更新や新規作成の審査にも通らず、高速道路でETCカードが使えず、スマートフォンも一括払いで購入しなくてはならないなどの不便が生じます。ただ、融資に頼らない生活態度を身に付けるという意味では、これをプラスに考えることもできます。なお、それでも貸すという悪質な業者から借りた場合、執拗な取立を受ける等取り返しのつかない状態に追い込まれる危険性が大きいのでご注意下さい。
 

事故情報の登録期間

信用情報機関によって異なりますが、最大10年間(概ね5年から7年間)登録されます。
事故情報が消えれば、新たにローンを組んだり、カードを新規作成できる可能性が出てきます(ただし、債務整理の対象とした会社内では、事故情報が残るため、他の会社にした方がよい。)。
 

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。弁護士が最適な提案をさせていただきます。 024-528-5780 相談受付時間 : 平日 9:00~17:00

ご予約はこちら

弁護士紹介

事務所紹介

お問合せの流れ

弁護士費用

解決事例

お問合せ