給与差押を受けた30代男性会社員の事例

●自己破産
●30代男性 会社員
●債務額 約570万円
●月   収 約24万円 (家族全体の月収 約32万円)

相談の内容

依頼者は、大学の学費のため奨学金を借りました。卒業後は奨学金の返済を続けながら、何度か冠婚葬祭の費用をローン会社から借入れました。給料で返済ができる範囲内でした。
しかし、数年前に電話で勧誘されるままに投資用マンションを購入し、ローンを組んだことで状況が一変しました。マンションの賃料収入が少ない一方、オーナーとしての負担があったため、奨学金とローンの返済に窮するようになりました。やがて生活費のため、複数のクレジット会社から借入れをするようになり借金が膨らみました。最終的に、給与の差押を受けたことで、当事務所に相談にいらっしゃいました。

結果

自己破産の申立てを行いました。財産調査、免責調査のため、簡易管財事件となりましたが、無事、免責許可決定も得られ、借金は全額免除されました。また、給与差押に伴う供託金44万円についても、管財人を受け取ることができました(受任から申立てまで約7か月、申立てから約5か月後に免責許可決定。)。
 

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。弁護士が最適な提案をさせていただきます。 024-528-5780 相談受付時間 : 平日 9:00~17:00

ご予約はこちら

弁護士紹介

事務所紹介

お問合せの流れ

弁護士費用

解決事例

お問合せ


初回相談料0円 お気軽にご相談ください 024-528-5780 相談受付時間 : 平日 9:00~17:00

弁護士紹介弁護士費用お客様の声解決事例

コンテンツメニュー

福島いなほ法律事務所

アクセスマップ対応エリア
交通事故サイトはこちら 福島いなほ法律事務所 家族信託サイトはこちら 福島いなほ法律事務所 相続生前対策サイトはこちら 福島いなほ法律事務所 労災事故サイトはこちら 福島いなほ法律事務所