• HOME
  • 解決事例
  • 住宅ローン以外の債務が5分の1に圧縮され、自宅を手放さずに済んだ40代会社員男性の事例

住宅ローン以外の債務が5分の1に圧縮され、自宅を手放さずに済んだ40代会社員男性の事例

●個人再生
●40代男性 会社員
●債務額 約3827万円(うち住宅ローンの残額 約2709万円)
●月 収 約38万円 (家族全体の月収 約44万円)

相談の内容

依頼者は、離婚の際、妻に預金のほぼ全てを持って出ていかれてしまいました。そのため、住宅ローンの支払や生活費のために金融機関のカードローンを利用し始めました。その後、次第に借入先や借入額が増え、返済が難しくなりました。自宅を残したいとのご希望で、相談に来られました。

結果

個人再生(住宅ローン特則適用あり)の申立てを行い、無事認可決定が下りました。
住宅ローン以外の債務が5分の1に圧縮され、自宅を手放さずに済みました(受任から申立てまで約1か月、申立てから約9か月後に住宅ローン以外の債務の支払開始。なお、住宅ローンは約定どおりの支払を継続。)。

 

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。弁護士が最適な提案をさせていただきます。 024-528-5780 相談受付時間 : 平日 9:00~17:00

ご予約はこちら

弁護士紹介

事務所紹介

お問合せの流れ

弁護士費用

解決事例

お問合せ


初回相談料0円 お気軽にご相談ください 024-528-5780 相談受付時間 : 平日 9:00~17:00

弁護士紹介弁護士費用お客様の声解決事例

コンテンツメニュー

佐藤初美法律事務所

アクセスマップ対応エリア
交通事故サイトはこちら 佐藤初美法律事務所