• HOME
  • 解決事例
  • 消滅時効の援用をすることで返済をしないで済んだ40代運送業の男性の事例

消滅時効の援用をすることで返済をしないで済んだ40代運送業の男性の事例

●任意整理
●40代男性 運送業
●債務額 約320万円
●月 収 約16万円

相談の内容

依頼者は、生活苦や失業中に、消費者金融等による借入やクレジットカードの利用により借金が膨らみ、返済をしばらく停止していました。 ところが、最近になり、前記の借入の一部につき、債権回収会社から支払の請求があり、金銭を支払って解決しました。そこで、他の債権者にも、債務が残っているのではないか不安になり、当事務所に相談にいらっしゃいました。
まず、依頼者自身どこから借りていたか、はっきりしていない状態であったため、まず、信用情報機関にご自身の信用情報の開示請求を行うように助言しました。そして信用情報の開示後、再度ご相談に来られ、債務整理を受任しました。

結果

信用情報や依頼者からの聴き取り等により、いずれの債務も消滅時効の援用が可能と考えられたため、信用情報の登録のある債権者に対し、消滅時効の援用通知を送付することにより解決いたしました。

 

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。弁護士が最適な提案をさせていただきます。 024-528-5780 相談受付時間 : 平日 9:00~17:00

ご予約はこちら

弁護士紹介

事務所紹介

お問合せの流れ

弁護士費用

解決事例

お問合せ


初回相談料0円 お気軽にご相談ください 024-528-5780 相談受付時間 : 平日 9:00~17:00

弁護士紹介弁護士費用お客様の声解決事例

コンテンツメニュー

佐藤初美法律事務所

アクセスマップ対応エリア
交通事故サイトはこちら 佐藤初美法律事務所