• HOME
  • 解決事例
  • 中古住宅等購入後、妻の失業などで収入が減少し、返済ができなくなった40代自営の男性の事例

中古住宅等購入後、妻の失業などで収入が減少し、返済ができなくなった40代自営の男性の事例

●個人破産
●40代男性 自営業
●債務額 約920万円
●月 収 約5万円 (家族全体の月収 約11万円)

相談の内容

依頼者は、中古住宅の購入・リフォーム、自動車購入のため、金融機関等から借入れをしました。ところが、妻が失業し、返済が苦しくなりました。そのため、依頼者は、福島で震災復興の仕事で高い給料を提示している会社に単身で入社しました。しかし、給料の支払が遅れた上、提示されていたような金額は支給されませんでした。一念発起し、自分で会社を設立し、当初、経営は順調でしたが、やがて悪化。返済継続が難しくなり、妻とも離婚し、相談にいらっしゃいました。 

結果

自己破産の申立てを行いました。事業を営んでいるということで簡易管財事件となりましたが、無事免責許可決定が下り、借金は全額免除されました。

 

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。弁護士が最適な提案をさせていただきます。 024-528-5780 相談受付時間 : 平日 9:00~17:00

ご予約はこちら

弁護士紹介

事務所紹介

お問合せの流れ

弁護士費用

解決事例

お問合せ


初回相談料0円 お気軽にご相談ください 024-528-5780 相談受付時間 : 平日 9:00~17:00

弁護士紹介弁護士費用お客様の声解決事例

コンテンツメニュー

佐藤初美法律事務所

アクセスマップ対応エリア
交通事故サイトはこちら 佐藤初美法律事務所