• HOME
  • 解決事例
  • 自宅をローンで購入後、収入の減少で返済が困難になり、債権者と交渉して利息のみ返済していたが、それも返済できなくなった30代会社員男性の事例

自宅をローンで購入後、収入の減少で返済が困難になり、債権者と交渉して利息のみ返済していたが、それも返済できなくなった30代会社員男性の事例

●個人破産
●30代男性 会社員
●債務額 約2886万円(月々の返済額 約11万円)
●月 収 約20万円(家族全体の月収 約33万円)

相談の内容

5年前、自宅をローンで購入。翌年、リーマンショックにより勤務先の経営が悪化し、給料が減少。奥さんもパートで働いていましたが、震災により収入が減少。債権者と交渉し、住宅ローンの返済を利息のみに変更し、なんとか返済を続けていましたが、やがて貯金も底を尽き、支払うことができなくなりました。

結果

個人破産の申立てをしました。不動産を所有していたため、簡易管財事件になりましたが、不動産を任意売却して、破産管財人が債権者へ配当し破産手続が終了しました。
 
 

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。弁護士が最適な提案をさせていただきます。 024-528-5780 相談受付時間 : 平日 9:00~17:00

ご予約はこちら

弁護士紹介

事務所紹介

お問合せの流れ

弁護士費用

解決事例

お問合せ


初回相談料0円 お気軽にご相談ください 024-528-5780 相談受付時間 : 平日 9:00~17:00

弁護士紹介弁護士費用お客様の声解決事例

コンテンツメニュー

佐藤初美法律事務所

アクセスマップ対応エリア
交通事故サイトはこちら 佐藤初美法律事務所