• HOME
  • 解決事例
  • 夫が中古住宅をローンで購入する際、妻が連帯保証人になったが、離婚。その後元夫が債務整理を始め、返済ができなくなった30代無職女性の事例

夫が中古住宅をローンで購入する際、妻が連帯保証人になったが、離婚。その後元夫が債務整理を始め、返済ができなくなった30代無職女性の事例

●個人破産
●30代女性 無職
●債務額 約117万円(月々の返済額 約5万円)
●月 収 0万円(家族全体の月収 約40万円)

相談の内容

結婚し、夫が、住宅ローンを利用して中古自宅を購入。しかし、夫の収入に波があり、住宅ローンの返済や生活費などのため、借入れをするようになりました。やがて、家計をめぐって夫婦仲が悪くなり離婚。その後、元夫が弁護士に依頼して債務整理を始めたことがわかりました。依頼者が、元夫の借入れの連帯保証人となっていたこともあって、債務の支払に困り、当事務所に相談。依頼者自身の借入れがあったため、まずは、過払金をがないかを知り、その後、破産申立てを検討したいとのことで、相談に訪れました。

結果

取引期間等からみて過払金は見込めなかったため、破産申立てをしました。また、依頼者には、これからの生活のため、家計簿をつけていただくことをお願いしました。

 

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。弁護士が最適な提案をさせていただきます。 024-528-5780 相談受付時間 : 平日 9:00~17:00

ご予約はこちら

弁護士紹介

事務所紹介

お問合せの流れ

弁護士費用

解決事例

お問合せ


初回相談料0円 お気軽にご相談ください 024-528-5780 相談受付時間 : 平日 9:00~17:00

弁護士紹介弁護士費用お客様の声解決事例

コンテンツメニュー

佐藤初美法律事務所

アクセスマップ対応エリア
交通事故サイトはこちら 佐藤初美法律事務所